" 外車を売る

外車を高く売るならどこがいいのか?

外車を売るなら

昔の話になりますが、外車(特にドイツ車など)は購入価格が高くても中古車価格が良いから結局はそれほど高い買い物にはならないんだといわれた時期もありました。

でもその後日本車のクオリティーの向上や円高などがあり、外車の中古車の事情は全く別のものになっています。

外車はメンテナンスや部品の取り扱いが国産車とは違うことから知識がなければ取扱いが難しく、また外車は壊れやすいというイメージがあり、査定を受けても国産車より安い金額が付くことが多いようです。

下取りのみならず買取専門店の中にも外車は扱わないという店舗さえあるくらいです。


■国産車ディーラーの下取りは避けよう

外車から国産車に乗り換えるとき、国産車のディーラーに下取りをしてもらいたいと考える場合があると思います。

このような場合でも高く売りたいなら国産車ディーラーでの下取りは避けるべきです。

外車から国産車への乗り換えだからシェア拡大になり、喜んで下取りをしてくれるのではと思うかもしれませんが、よく調べると輸入車の下取りには違う事情があるようです。

国産の新車同士の競合の場合、下取りを低くしすぎると競合する他社の国産車の方に顧客が流れてしまう心配があるので、ディーラーも下取り価格ではあまり強気になれません。

しかし、下取り車が外車の場合、下取価格を安く提示しても顧客が再び外車の方に流れてしまう心配はほぼ無いといっていいでしょう。(同じ車格でも値段が全く違うから)

国産車ディーラーはこのような背景で外車の下取りには強気になるといわれています。

少なくとも、外車を好条件で下取りし「外車は下取りが有利だ」と思われるような、つまり自分の首を自分で締めるようなこと国産車ディーラーが行うことは無いでしょう。


■外車専門の買取店が有利

車買取専門店の中には、外車を専門に扱う業者や専門では無いが輸入車を幅広く扱っている業者があります。

このような買取店のほうが取扱量、販売ルートが多く好条件で売れる可能性が高くなります。

国産車ディーラーのように輸入車が売れなくなって欲しいというような事情もありません。

このような業者であれば、オークションでの仕入れよりもコストのかからないオーナーから直接の買取りもあるはずで、高額買取のためのマージン幅が広いはずです。


■外車専門買取店が参加する一括査定を利用する

外車を売るには外車専門買取店が有利だとわかっても、地域によっては近くにそのような業者を探すのがむずかしい場合もあるでしょう。

そんなときこそ一括査定が力を発揮します。

参加業者の多い大手の一括査定であれば、外車を好条件で買取れる専門業者も多く参加しています。

専門業者ですから外車のためなら多少遠くても出張査定してくれるかもしれませんし、見積もり比較だけで満足できる買取額を引き出せるかもしれません。

外車を高く売りたいのならこの方法に限ります。


簡単な申込み入力(最短1分)で各社が査定額を競争
詳細はコチラ

こちら こちら こちら


=車のローンのお話=
残高を清算すればローン中でも売却可能 → ローンが残の車を売るためのがガイダンス

・外車の乗る人は「客層が違う」

経済力のある人のステータスとして外車を持っている方は別かもしれませんが、身の回りの輸入車オーナーを見ると、何か平均的な人と違うこだわりを持った人たちであることがなんとなくわかります。

同じような性能、車格の国産車が買えるのにはるかに高価な外車をわざわざ購入するのですから、こだわりがあって当然でしょう。

業界ではこのような外車オーナーのことを、国産車ユーザーとは『客層が違う』と言うそうです。

中古車価格の相場は需要と供給の関係で決まります。

このような「客層の違う」こだわりの人たちは少数派ですから、外車の中古車は平均的な人たちの求める国産車に比べて売りにくいことは容易に想像がつきます。

実際、ベンツやBMWなどの人気車は例外ですが、外車の中古車の値落ちは国産車に比べて大きいといわれているようです。

まあ、こだわりでそのことも承知で外車を選んでいるのでしょうから、大きなお世話かもしれませんね。

でも、そのような外車だからこそ、専門業者を競わせることのできる一括査定がより有効であるともいえるでしょう。



このページの先頭へ